レジ袋代わりに風呂敷を上手に活用

レジ袋について有料化の側面が気になりがちですが、やはり重要なのは環境への取り組みです。
プラスチックゴミは長期間分解されず、環境汚染の原因になります。

レジ袋削減の実施により実質的なゴミの量を減らすだけでなく、環境に対する世間の意識が高まることが期待できます。
有料化によってエコバッグなど消費者が入れ物を持参する習慣が広がることでしょう。

エコバッグ持参の習慣

新たな生活様式は面倒をともなうものですが、楽しむ気持ちを持つことで案外快適に変わります。
新たな習慣に風呂敷を加えてみてはどうでしょうか。

風呂敷というと過去のものと感じる方も少なくないですが、上手に活用すると立派なエコバッグになります。
最大のメリットは何といっても、持ち運びが便利ということです。

一枚の布ですから小さく折りたためます。さらにはエコバッグ以外に弁当を包んだり、大切な方への贈り物を運ぶ際にも役立ちます。

こうした需要を見込んでか、風呂敷を楽しく活用できるようさまざまなデザインの商品もあるため、ファッション性を気にする場合にも選択肢に不自由は感じません。
重いものを持つ場合や多くの商品を包む方法は、ウェブなどに多くの情報が掲載されており、便利にかつ楽しくエコライフを送る助けになります。

エコバッグとして使う風呂敷の選び方

エコバッグ代わりに使う風呂敷は、大きめサイズを選ぶと便利です。
というのも風呂敷の特性として、きれいに折りたため持ち運びしやすいので、大きいサイズでもかさばりません。

大体の目安としては三巾およそ100cm程度を選ぶと良いでしょう。
買い物する品物によって大きさを変えるのも効果的な使い方です。

風呂敷は布製だから生物を包むには不向きではと疑問に思う方もいるでしょうが、撥水加工を施した商品も発売されており、その点は心配しなくて大丈夫です。

また洗濯しやすいことにも注目すべきです。
エコバッグは何度も使うため衛生面ではデメリットがあります。

しかし風呂敷であれば型崩れの心配がなく頻繁に洗うことも面倒ではありません。

風呂敷をエコに活かす

ただし、素材を選ぶ際に縮みにくいものや色落ちしないものを見極めることが大切です。
新たな習慣に伝統のデザインを手にする楽しみがある一方、誰も持っていないオリジナルのデザインを探す喜びもあります。

フレキシブルな一枚の扱いやすい布だけに、包み方を工夫すれば相手へ良い印象を与えることさえ可能です。
伝統の風呂敷は使う人の感性が発揮できる可能性を秘めており、新しいエコという習慣に積極的に活用すると楽しいでしょう。

コメントを残す