大荷物が減らせるマジック!

季節が良くなると人気のアウトドアのイベントと言えば
真っ先に上がるのがバーベキューです。

でも、これが意外と荷物がかさ張るんですよね。
調理の材料はもちろんのこと、あれやこれやと
バッグに詰め込めば、たちまち大荷物になってしまいます。

しかし、この問題を解決すべく最近超話題になっているのが
「ふろしき」であることをご存知でしょうか。

何で今さら、と突っ込みたくなるくらい日本では昔から使われていたのが
ふろしきですが、もちろんタダモノではありません。

何と水を寄せ付けない撥水風呂敷なのです。

撥水風呂敷の利便性

元々風呂敷とは、軽くて場所を取らないため持ち運びに便利な上に
カバンなどと違って包める大きさがある程度自由自在という優れ物です。

そこに強力な撥水効果が加わったのですから、これはもう鬼に金棒と言っても過言ではありません。

この撥水風呂敷を上手に利用すれば、水漏れの心配もなくいろいろと運べてしまえます。
運ぶ物の形に合わせて大きさも調整可能なため、荷物もきっちり
整頓出来るというものです。

楽しみではあるけれど、ちょっと大変な1日になりそうだと思うなら
是非1度撥水風呂敷の活用を試してみてはいかがでしょうか。

水も運べる利便性の高い風呂敷

楽しいバーベキューに欠かせないものと言えば、
負担を感じることなく楽しめる環境です。

主役であるお肉や野菜を用意する際に、絶対に必要となるものと言えば水ですよね。

しかし、陣取った場所によってはこの水場まで遠いなどということだってあり得ます。
また、河原でやろうなどという時には澄んだ川の水でそのまま野菜を洗うということも
持参したペットボトルの水を節約するためには必要ですよね。

そんな時に大活躍するのが、撥水風呂敷です。
便利な使い方のトップに挙げられるのが、まさにこの
「水を運ぶ」という作業に役立てるということです。

水も運べる風呂敷

大きさによっては、バケツ一杯程度の水を風呂敷に入れて
運ぶことが出来るというタイプのものもあるのです。

これだったら、わざわざ何度も水場を往復して少しずつ水汲みをする、
などという手間がかかりません。

河原だったら豪快に広げてザバッと水を汲んでしまえば良い訳です。

水をはじくのですから、乾くまでに時間が掛かるということもありません。
何よりも持ち運びが便利ですので、バーベキューに行く際に
1枚バッグに入れておくだけで、安心出来るのではないでしょうか。

そんな撥水風呂敷は、水汲みだけでなく、アイデア次第で
思い掛けない便利な使い方を発見出来るかもしれません。

コメントを残す