販促グッズを一から作るのにはお金がかかる

販売促進やノベルティとして専門店にオーダーして
作成できるアイテムには、いろいろな種類があります。

ボールペンやカレンダーなど定番のものから、扇子やステンレスボトルなど
ちょっと変わり種のものまで実に種類豊富です。

でもこういった販促グッズやノベルティは、一から専門店にオーダーすると
結構なコストがかかってしまうものです。

製作コスト

広告費が潤沢に用意できる企業なら話は別ですが、
これらにかかる費用はなるべく低く抑えたいと考えるのが一般的でしょう。

またフルオーダーでグッズを作成するとなると、それなりに時間がかかってしまいます。

そんな時には、既製品に企業の名前やロゴを印字する方法も検討してみて下さい。
この方法なら、品物そのもののデザインを専門店に依頼する必要がなく、
専門店側が既に用意している品物になにを印字するか考えるだけで済むので
品物を丸々オーダーするよりも圧倒的にコストが削減できるのです。

このような手法で作ることのできる販促グッズのひとつとして
刺繍で名入れを施した風呂敷があります。
刺繍はただの印刷とは違い高級感があるので、注文にかかるコストを
抑えたノベルティであったとしても、まったく見劣りしない一品を
作成することが可能なのです。

名入れができる風呂敷がおすすめ

昨今の脱プラスチックの風潮から、どんなものでも簡単に包むことのできる風呂敷は
以前よりも需要が高まっています。

その自由度の高さもさることながら、それ自体のデザインの素晴らしさに
心奪われている人も少なくありません。

そんな風呂敷をノベルティとして採用すれば、必ずや日常で
使っていただくことができ、ひいては自社の宣伝にも繋げることができます。

風呂敷に自社の名前やロゴを入れてもらうのは実に簡単です。

風呂敷にロゴを入れる

まずオーダーで風呂敷を作成してくれるショップを探します。
インターネット上にはこの手のショップがたくさんあるので、
いくつかのショップをピックアップしておくのがおすすめです。

次に土台となる風呂敷を選びます。
どのような用途を想定して作成するのか、よく考えながらデザインを選びましょう。

ノベルティとして作成するなら、あなたのお客様はどういった風呂敷を好むのかイメージすることが大切です。

土台となるものが決まったら、どこにどんな刺繍を入れてもらうかを決めます。

生地の雰囲気や色味との調和を考えながらじっくり決めていきましょう。

名入れを施した風呂敷は、販促やノベルティとしてだけではなく、
記念品や一般に販売するグッズとしても使用することが可能です。

このようなアイテムを作成する際には、風呂敷も選択肢の一つに加えてみて下さい。

コメントを残す